« 2012年8月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月22日 (土)

世間はクリスマス・・・

でも私は渋滞でクルシミマス・・・。

渋滞にはまったら前方にツリーが・・・。
思わずパチり。
(ケガの功名ってトコでしょうか?)
Dscf1838
良い子はマネしないでね。

| | コメント (0)

2012年12月17日 (月)

まじめな話をしよう‥‥‥

総選挙が終わった。

毎回大事な一票を入れるため、投票に向うのだが、
選挙速報を見る度に、この国の民は本当に未来を考えて投票しているのかと、
首をひねってしまう。
明日になればハッキリするのだろうけど、
今回の投票率も前回より下回る見込みだそうだ。  
60%行けばいい方なのかもしれない状況・・・。
自民党が単独過半数を獲得する見通しだ。
支持率が30%ほどしかないはずの自民党が圧勝。
60%ほどの投票率だと単純計算しても国民の18%ほどの支持で
国政を担える政党として認知されてしまうわけ・・・。
 
投票に行かない人達は、きっと誰に入れても一緒と思っているのかもしれない。
けど、こういう結果になった後に、文句を言うのは筋違いの様に思える。
私も『今の政治』にははっきり言って感心はないけれど、
政治に感心のある人と、全く感心のない人の二極化がはっきりと
分かれてしまった結果なのかもしれない。
自分たちの暮らしに直結するだけに、
本当は一番感心を持たねばならない事で、
将来を考えたら選挙に行かずにはいられないはずなんだけどなぁ。
たぶん、今までどうにかなって来たから、これからもどうにかなると
思っている人が多いのだろう。  
 
原発、赤字国債、社会保障、消費税、TPP、円高、
米軍基地、尖閣・竹島そして景気回復とまぁ問題山積の日本丸。
自民党は憲法も改正すると言っている。
同じ船に乗っている以上、私たちも船頭の一人・・・。
非力でも、無力ではない筈。
きちんと考えて行こう・・・。

| | コメント (0)

2012年12月14日 (金)

双子座流星群

昨日の夜・・・と言うか今朝、
今年最後の天体ショーが見られると張り切っていたのだけど、
朝から体調悪くずーっと寝込んでいた。

まるで新生児のごとく(かなり薹が立ってるけどね・・・)一日の半分寝ていた。
夕方、ご飯の支度はやらなければならないので、何とか準備し、
息子とともに食べた後、ちょっとコタツに入ったらそのまま4時間・・・。
目が覚めたのが11時半。
ガンバってお風呂に入り、上がったのが12時半過ぎ。
こりゃ、今夜は眠れそうにないから、ちょうどいいやと思い
ベランダに出たものの、さっぶ〜〜〜〜!
空気がキンキンに冷えてますがな〜〜!
そのかわり夜空はクッキリ冴え渡り、
新月も手伝って星の観察にはもって来いの好条件!
褞袍をはおリ、マフラー手袋マスクで完全防寒!
よっしゃ!どっからでもかかってこんかい!
と夜空を見上げる事10分。
う〜〜ん、ちょと首がイタイやん。と下を向いた時、
視界の端にすぅ〜っと星が流れた感じが・・・
「くそ〜!なんで下向いた時にぃ!(≧ヘ≦)」と流れた方角を見たら、
今度はまた反対側で流れた気がした!
これはホンマに流れてるのか?はたまた気のせいか?
あっちゃ向き、こっちゃ向きして観察を試みたが、
カナシい事にまともな流星は一つも見られぬまま40分経過・・・。
あかん、寒い!風邪引く!
ちょっと暖まるつもりで入った布団・・・。
ご想像通り。気づけばアサ〜sun
いったい昨日は何時間寝たのやら・・・。

結局流れ星も見られず、願い事も言えず、
こうして2012も暮れて行くのだなぁ〜。
(しみじみ・・・)

| | コメント (0)

2012年12月10日 (月)

気がつけば今年もあと僅か・・・

私の住んでいる地域の餅つき会があった。

毎年恒例になっている行事なんだけど、
餅の返し手がおらず、毎回お呼びがかかる。
こう言う事って、年齢じゃなく、経験があるかないかなので、
経験の有る私が行く事になる。
餅の搗き手は何人もいるのだけど、返し手は私オンリー・・・。
昨日も8臼くらい返した。
今年はまた寒かったし、
案の定今日は腰がイタイ・・・。
けれどいつも思うのだけど、ずるいなぁと思う事がある。
それは、「いやぁ、これはあなたがやらないと、ダメなのよぉ〜」
と言いながら、いっさい交代しようとしてくれない事。
昨日は一人だけ、「私も練習してみる」と名乗り出てくれたけど、
他のひとは豚汁を食べ、餅を喰いながら、談笑しているわけで・・・。
私も喰いたいっ!!!
今日、朝から疲れていた訳が今分かった。
もう若くなかったんだった〜。
来年の餅つきが今から思いやられるなぁ〜。

| | コメント (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2013年1月 »