2015年2月21日 (土)

2巻目発売そして……!

2_2

ついに3巻目の校了も目前と相成りました!

長い時間だったような、足りなかったような…。

とくに3巻目は1ヶ月を切るスピードで着彩したので、
まさに「フルマラソン全力疾走」状態の毎日でした。
でも、どんな事にも終わりは来るのですね。
人間勝手なもので、苦しい時には早く抜け出したいと
思うくせに、過ぎてしまえばその苦しかった時間を
美化してしまうものなのかな。
喉元過ぎればなんとやら…と言う事なのでしょうかね。
「これだけ頑張った自分がスキ!」という
ややナルシストに近い感覚に陥るのでしょうね。
でも、ザンネンながらワタクシはまだ
その境地には至ってないらしく、
「大変だった」という思いしかないのです。
私の力不足故の不完全燃焼感が否めないのです。
「もっとやれたんじゃないか」と、思う日々なのであります。
ちゃんと調べたつもりでも、抜けてるんじゃないか、
間違ってるんじゃないかと、びくびくしています。


とはいえ、ようやく一段落したので、
遅まきながら息子の受験サポート(……ほぼ終わり)に
力を注ぎたいと思います。

| | コメント (1)

2015年1月 3日 (土)

やってもうた(++;)

Photo_2新年早々、やってしまった。
ぎっくり腰………!
なにかしたワケでもなく、ただ「あけましておめでとうございます」と
挨拶をしただけなのに、グギッとやってしまった。
冷やさないといけないのに、暖めちゃったし……。
暫くはツライ日々になりそう。
でも、能の舞いスタイルで歩くと
ちょっと楽な事を発見!
めげずに仕事しよっと………。
Photo_4

| | コメント (0)

2014年12月31日 (水)

今年最初で最後のブログ……こんなんでいいの?

481_4

2014年もあと残すところ数時間となりました。

去年に引き続き、今年も机の前での年越し確定です(≠≠;)
今年はずっとずっと机の前に居た気がします。
3年前から取りかかっていた仕事に、
ようやく終わりが見え始めました。
まずは今月中旬に
「むかしのくらし思い出絵日記」(おばあちゃんの家 わたしの家)が
ポプラ社さんから発行されました。
Photo_2
78ページもあるので、編集者さんもデザイナーさんも大変だったと
思います。
ましてや私が出版に関しては  ど素人なので、尚更だったと思います。
 
若い世代に取ってはほぼ歴史と言っても過言ではないほど、
今のくらしとは かけ離れていました。
ひとつひとつ記憶を呼び戻し、それを確認する作業の繰り返しでした。
それでも一つずつこなして行けば、形になるんですねぇ。
ここから先の評価はみなさんに委ねるしかありません。
 
まだ2巻3巻と続くので、気が抜けないのです。
2巻目は行事とそれにまつわる食べ物
3巻目はむかしの子どもの小学生時代のくらしぶりを描いています。
 
色んな事を2の次3の次にしなければ、
モノ作りは出来ないと言う事を知りました。
そして、主婦の有り難さも感じました。                                                                
ズボラな私でも、なんだかんだといいながらも
掃除も料理もそれなりにこなしていたのです。
それが全くと言っていいほど後回しになり、
受験生の次男にはホントに申し訳ないなぁと思いつつも
一つしかない体なので、わたしが倒れると
もっと困った事になるわけで、手を抜き足を抜きと、
ズボラに拍車がかかった1年でもありました。
 
この冬のメニューはおでんと鍋とカレーがグルグルとまわっています。
行事の本を描いているくせに、おせちも作っていません。
 
さて、そろそろ年越しソバを食べようかと思います。
 
来年は時間に余裕が出来れば、ホームページもブログも
更新ガムバリます! ( ̄^ ̄ゞ
 
ではみなさま、良いお年をお迎え下さい〜!




| | コメント (0)

2013年11月13日 (水)

今年の気候part2 & イタリア絵本の原画展

さむい!

いきなり寒い!
真冬並みの寒さが一気にやってきた。
思えばちょうど一ヶ月前、私が畑で変態に出会った時は、
たしか32度あったハズ。
それが今日は最低気温が1度。最高気温も12度の予報。
どないなってんねん!
と、空に向って叫びたくなるけど、
やっぱり気候がおかしくなっている事は否めない気がする。
レイテ島の台風被害も、尋常じゃないし、
0か100かの選択肢しかないような感じがして
ソラ恐ろしい……←(空)に掛けてますので、ひとつよろしく
20131113_110658
この月曜から始まった「イタリア絵本の原画展」
17日の日曜までやってます。
今回は切り絵風。
(切り絵オンリーじゃないので)
1 2
4_2
↓こんな感じでしっぱいしたのもあります。
2_2
Photo
仕上がりはこんな感じ。
3_2
今から〆切のシゴトをせねばならぬので、
続きはまた明日にでもアップします。
ひだまりはあったかいんだけどなぁ〜。

| | コメント (2)

2013年10月25日 (金)

今年の天候

今夜台風27号が接近するらしい。

今年に限ったことではないのかも知れないけど
今年の日本は年が明けてからずっと、おかしな気候に振り回されてきた。
年明けは青森の酸ヶ湯温泉で5メートルを超える積雪。
春は短く、5月の連休の頃にはうちの畑にも遅霜が降り、
せっかく出たジャガイモの新芽をやられてしまった。

5月の末に、早々の梅雨入り宣言・・・かと思いきや、
予報は空振りの空梅雨に終わり、
それは夏の間も続き、稀に見る少雨の夏になった。

でも、局地的な大雨が各地で降り、
山口や島根では洪水になった。
続いて埼玉、群馬で竜巻、京都の桂川の氾濫。
そして、伊豆大島の土石流。
秋が無く、秋雨の続く毎日・・・。


温暖化と言われて久しいけれど、
人間って、危機と直面しなければ
何もしない生き物なんだなと、
改めて思った。


そう…危機と直面せねば何もしない…

・・・・・・・それってワタシの事じゃん d( ̄  ̄)

あと2週間後に迫ったイタリア展の作品がまだ何もできていない・・・(O_O)

今に始まった事ではないのだ。


どーする人類。
どーするワタシ…・・;

ガンバロっと(T_T)

| | コメント (0)

2013年10月12日 (土)

暑い10月、おかしいのは気候だけじゃなかった。。。

今日、最高気温が32度を超える中、畑仕事をしに行った。

仕事が溜まると、優先順位でどうしても畑は
後回しになってしまうので、
案の定、この暑さで草が結構伸びていた。
「あ〜、また今日も畑で6時間くらいいる事になるなぁ〜」と
日頃のサボりのツケを払う覚悟で作業を始めた。
今日はこの暑さのせいで、
他の畑にも誰一人作業に出ている人は無く、
広い畑でポツンとひとり、作業をしていた。
11時くらいだったかな…。
30代前後の男の人が、畑の奥にある道を自転車をこいで走っているのが見えた。
ふと見たら、うちの畑の道に自転車で入って来たから、
「あれ?隣の畑のひとかな?」と思い、
あまり気にもせず作業をしていたら
私の方をみていたので、軽く会釈すると、
そのひとも会釈を返して来た。    
 
Photo_6
すると………。
自転車を道の脇に停めた。
「ん?作業するにはあまりにもラフな格好だし、なにするのかな?」
と思うが早いか、なんとその男はズボンを降ろし、
こっちを見ているのだ。
Photo_7
ようやくわかった。
ナルホド、「こういう人」だったわけね。
大変申訳ないのだけど、
私は昔からその手の方に何度か遭遇しても、
「きゃ〜」と言って差し上げた事が無い。
男だもん、ズボン脱いだら付いてるもんは付いてるでしょ。
あるのは普通でしょ。。
そりゃ、付いてなかったらビックリするけど、
普通に手足がある様に、基本的なものがあって、
何故驚かなければならないのか、サッパリわからないので
そのまま作業を続けていた。                                                                
Photo_8
でも、そういう事をして喜んでいる人間に対しての嫌悪感はある。
平たく言えば「アホか!」と思ってしまうだけなのだけど、
その男は何としてでも私に悲鳴をあげさせたいのか、
おシリの穴まで見せてきた………。
正直バカバカしくってどこまでやるのか放っておきたかったけど、
私があまりに平気な顔をしているのが不満だった様で、
こっちに近づく気配をみせてきた。
さすがにこれはヤバいと思ったけど、
辺りはだーれもいない畑のど真ん中………。
叫んでも誰にも気づかれない……。
Photo_9
 
何とかせねばと思い、ポケットに入れていた携帯を取り出し、
その男の方に向けたら、写真を撮られると思ったのか、
一瞬で真っ青になり大慌てでパンツをはき、
自転車で飛んで逃げて行った。
Photo_10
 
若いお嬢さん方。
もし変質者に遭遇したら、あわてず騒がず落ち着いて、
携帯で「動画」をとることをお勧めします。
警察に持って行ったら、一発で捕まるでしょうね。
因みに私は残念ながら映せませんでした。
でも顔は覚えてるぞ。                                                                    
まったく………、まだ若いのに、他にする事無いのかと、
気の毒にさえ思った10月の昼下がりでありました。

| | コメント (0)

2013年6月14日 (金)

虫さされのその後・・・

あれから3週間も経つのに、まだ刺された後がくっきり残ってます。

まるでインドの人の様に、おでこのまん真ん中に赤いポッチリが残ってます。
で、まだカユイ!!!
さすがに腫れは引いたけど、
トニカクカユイ・・・・・。
   
 
以前手を刺された時は半年以上カユミが残ったから
多分今回もそのくらい あと引くんだろうなぁ。
   
 
因みに前回刺された手の画像があったので、
添付しちゃいます。
   
 
こんなになるんです。
これが顔で起きました。
    
ヨメに行けない〜。。。。行ったらタイホされるけどねぇ〜。
     
      
Photo
   
この画像を見た友人から「豚足か!?」とのご指摘を頂きました・・・が!
   
これは「手」でありまして、「豚足」ではありません。
         
アシカラズ・・・・。

| | コメント (0)

2013年5月30日 (木)

ボクシングで殴られた????

今日は絵日記風にかいてみました。

ヒマか?
 
Photo
 
 
 
Before
 
 
 
After
 
 
 
After2
 
 
 
After3_2
 
 
 
 
 
Photo_3
 
 
 
刺されて5日目、ちょっと人間に戻って来た感じ。
虫一匹でこんなに腫上がるとは・・・。
毒素が回ったせいなのか、この間体がだるく頭も痛かった。
痒いし痛いし・・・。
でも、腫れたおかげで、シワがなくなりました。
あんまりウレシくないけどねぇ。
お医者さんに言われた通り、あたためない、冷やしすぎない
日に当たらない、安静にしなさい・・・ということなので、
ゆっくり休まさせて頂きました。
もう、外に出てもいいかなぁ。。。
 
 
 
 
Photo_4

| | コメント (4)

2013年5月21日 (火)

父の命日

Dscf0816_2

父が鬼籍に入ってから一年になる。

ちょうど一昨年前の今日、世紀の天体ショー、金環食のあった日に、
父は月に連れて行かれる様に息を引き取った。
父は晩年認知症を煩い、夢と現を行き来する生活を送った。
阪神大震災で家を失い、おばの家に間借りする生活をしている時に
母に癌が見つかった。
毎日毎日根気よく母の介護をし、
母の最期を看取ってくれた。
その後は姉の家に移り住んだけれど、
会話の少ない家の中で、ひとり寂しい思いをしていたようだ。
私はと言うと、子供がまだ小さく遠方を理由に
正直何も出来なかった。
たまに掛ける電話も、会話が続かず、全く役に立たない娘だった。
あっちに行って母と会えただろうか?
今日も去年と同じ様に、いい天気だったなぁ。

| | コメント (0)

2013年4月 4日 (木)

4月になりました

他に言う事がないのか?と言うくらい、

毎度同じフレーズでお恥ずかしい限りなのだけど、
もう4月?早くね?
マジで自転が早くなってると思います。
二酸化炭素が増えたせい?
人口が増えたせい?
まぁそんなことはないのだけど、
ほんとに一日が、一週間が、一ヶ月が、一年が早い〜〜〜!
でも昔も今も同じ事を思うのが人間のようで、
「光陰矢の如し」「白駒の隙を過ぐるが如し」「少年老い易く学成り難し」
等々、たくさんの諺が残っている。
今で例えるなら「光陰アポロの如く」(?)かな?

| | コメント (2)

«寒いです〜〜